2017年 08月 01日 ( 1 )

草木染 藍の生葉染めとインディゴ染め



7月23日の草木染教室。

藍の生葉染め。藍染に使う生葉、、、この季節しかできなくて

義父が少し 持ち直した時だったので 参加しました。

(この二日後に 義父が亡くなりました)


藍は乾燥したものしか手に入らなくて 生葉は メンバーさんの畑で

種から育てられたものです。




写真がボケてしまいましたが 手前がインディゴ染めで

リーダーの方の作品。

奥二枚が 淡い生葉染めストールです。

インディゴ染めと 藍染は 同じようでも全く違います。

藍染は天然のもの、 インディゴは化学染料です。

何れも綿100%のストール。



e0353681_00544633.jpg




真ん中の 無地生葉染めストールは いつもお野菜をくださる

ご近所の奥さんに お礼の気持ちを込めて プレゼント。

草木染は天然のもので 色が抜けやすく 保管にも 気を使います。

直射日光を避け お洗濯も陰干しです。

私が時々染めるカフェカーテンも 色が抜けてくるので

抜けたら また違うもので染めなおしています。

染めなおしたり 重ね染めしたりする楽しみも方もあります。





畑で採られた 藍の葉です。

これに 塩と水を加え 揉みだして色を絞りだします。

そして ストールを染めていきました。


e0353681_00520453.jpg




濃紺の藍染は この葉を発酵させたもので染められています。

色はインディゴ染めとよく似ていますが

天然と合成染料の違いです。



コメント欄もう少しだけ 閉じさせていただきます。





[PR]

by pikorin77jp | 2017-08-01 06:00 | 草木染め | Trackback